1年以内に結婚したい!を一緒にサポート!東京・文京区の結婚相談所グラッツェプレーゴのブログ

東京都心、都内、神奈川、埼玉、千葉のビジネスパーソンの婚活をサポートする結婚相談所グラッツェプレーゴのブログ

バターナッツのポタージュを作りながら20代の婚活を考える。旬の話

こんにちは!
東京・文京区の結婚相談所グラッツェプレーゴの婚活カウンセラーの加藤具総(ともふさ)です。

 

昨日の晩ごはんは筆者である私がつくりました。実家に帰った際に買い求めたバターナッツをポタージュにしました。バターナッツはかぼちゃの仲間で夏から秋にかけてが旬の野菜です。その甘みゆえ、ポタージュにして食べる場合が多いです。

f:id:grazieprego_konkatsu:20170826001036j:image

f:id:grazieprego_konkatsu:20170826001043j:image

f:id:grazieprego_konkatsu:20170826001119j:image

昨日は油そばも作り、豚キムチ、インゲン胡麻和えとバランバランのメニュー(^ ^)

 

やはり旬のものは美味しいですね。

ところで「旬」という言葉、よく使いますが、意味を今一度調べてみました。コトバンクには主に以下の2つの意味合いで書かれています。

 

1.魚介類や蔬菜(そさい)・果物などの、最も味のよい出盛りの時期。「旬の魚」「たけのこの旬」
2.物事を行うのに最も適した時期。「紅葉狩りの旬」

 

昨日のバターナッツはまさに上の1番。味のよい出盛りの時期に食卓にあがりました。

この「旬」。婚活に置き換えたらどうなんだろうと考えてみました。今、当結婚相談所が所属するIBJ日本結婚相談所連盟で婚活をしている方々は30代半ばがボリュームゾーンです。この状態は、お見合い婚活の旬かもしれませんね。

 

一方、最近、20代のお見合い婚活をする方が増えています。IBJでも20歳の方が入会しました。20代の方は、恋愛は疲れるしもういいから結婚をする相手を早く見つけたいとお見合い婚活の門を叩き、早々と成婚退会をする方が続出しています。このことを先ほどの旬にすると、現在30代がお見合い婚活の旬の中、年代で少し早い20代がでることはまさに、上記1.の旬のものがいち早く出たことによる注目度や期待の高さゆえ、人気が集まり結果早々の成婚退会というのも十分考えられそうです。それは年齢という物理的な旬もですが、上記2.のように婚活を行うのに最も適した時期、を20代のお見合い婚活をする方は自身で見定めて、結婚パートナーを得たのならばとても賢く戦略的な婚活です。スマート婚活と言ってもいいでしょう(^ ^)

 

旬の意味合いで大事なことはタイミングを見計らうこと。20代のお見合い婚活の方のことを知り、彼ら彼女らはしっかりと自身の旬の意味合いを知りタイミングを見計らい行動したんだなあってバターナッツのポタージュつくりながら考えてました(^ ^)

 


結婚相談所での婚活のポイントは婚活カウンセラーという第三者と二人三脚で結婚に向けての活動を進めていくことです。ご自身だけで考えるだけでなく婚活カウンセラーからの客観的アドバイスやご自身の活動の軌道修正のお手伝いをします。結婚相談所での婚活はどんなのかを知りたい方は無料相談会を行いますのでお問合せくださいね。
お問合せは以下のメールにて
graziepregomail@gmail.com