1年以内に結婚したい!を一緒にサポート!東京・文京区の結婚相談所グラッツェプレーゴのブログ

東京都心、都内、神奈川、埼玉、千葉のビジネスパーソンの婚活をサポートする結婚相談所グラッツェプレーゴのブログ

結婚相談所での婚活は20代、30代前半の方がおススメです

 

こんにちは!

東京・文京区の結婚相談所グラッツェプレーゴの婚活カウンセラーの加藤具総(ともふさ)です。

 

今日は当結婚相相談所グラッツェプレーゴが所属している東証1部上場のIBJ(日本結婚相談所連盟)からのニュースをピックアップ。

 

6月は2,236名の方々が、全国のIBJ加盟「結婚相談所」にて婚活をスタートしました。

例えば、6月初旬からスタートして、お相手のお見合い申込(する、される)、相談所からの紹介から1か月以内でお見合いが成立するケースもザラではありません(^^)

当結婚相談所も7月から活動を開始して3週間足らずですでに4組、お見合いが決まっている会員さんもいらっしゃいます。

 

 

結婚という目的をもって結婚相談所で真剣に活動をされている会員さん、タイトルにあるように、結婚したいと思ったら結婚相談所で活動が当たり前になる世の中にしていきたいと筆者は思っています。

 

現在活動者でのボリュームゾーンになっていませんが、今後、20代、30代前半の方がおススメです。現在20代、29歳までの会員は6%強ですが、34歳までの30代前半までを合わせると約25%にまで上がります※出典参照 

活動している会員さんの4人に一人が30代前半以下なんですね。会員で活動される方のお相手への希望年齢の幅で多いのはおよそ自身の年齢プラスマイナス5歳です。

よって年齢だけで考えると、仮に30代前半の方ならば、その上の35歳~39歳までの最も活動者の割合が多い30代後半の層は約24%いらっしゃいますので、20代の方まで合わせると活動者の半分近くに対象が広がります。

 

本来はもっと詳細に男女比、エリア別で見た分析からの傾向も共有すべきですが、結婚相談所を使っての婚活がもっと増えてもいいと考える20代、30代前半の方々に、結婚相談所での活動者の全体像や結婚という目的をもって「婚活」するには、結婚相談所が有効な打ち手であるかも、ということをざっと知ってもらいたいと思い今日のブログのテーマとしました。会員さんのプロフィールは以下のリンクをご参考に(^^)

※出典:データでわかる日本結婚相談所連盟|日本結婚相談所連盟

 

結婚相談所での婚活のポイントは婚活カウンセラーという第三者と二人三脚で結婚に向けての活動を進めていくことです。ご自身だけで考えるだけでなく婚活カウンセラーからの客観的アドバイスやご自身の活動の軌道修正のお手伝いをします。結婚相談所での婚活はどんなのかを知りたい方は無料相談会を行いますのでお問合せくださいね。
お問合せは以下のメールにて
graziepregomail@gmail.com